【限定/CD】Byron The Aquarius - JAZZ

※こちらのMIx CDは、ジャジースポートのみ販売の限定CDです。

アメリカ/アトランタを代表するプロデューサー/キーボード奏者として、多方面から注目されている「Byron The Aquarius」が「JAZZ」をテーマにジャジースポートのためだけにMixしてくれた作品!

2019年3月に初来日したByron The Aquarius。
以前からByron The Aquariusとは企画を練っており、初来日時にもジャジースポート シモキタザワへ来てくれました。その時の提案がいま形になりました。
当初、2020年に発売予定でしたがコロナの影響もあり生産を一時中止、やっとこの夏2021年7月に発売!
Byron The Aquariusが「JAZZ」をテーマにMixしてくれた、なかなか聴くことができない貴重な内容です。「JAZZ」がぎっしりつまった60分、ぜひご体感を。

Mixed by Byron The Aquarius

-Track List-
公開されておりません。

〈試聴〉ダイジェスト
https://jazzysport-shimokita.tokyo/upload/music/JSPMIX-1005-Pt.01.mp3


――――――――――――――――――
〈Byron The Aquarius〉
Theo Parrish率いるSound Signatureレーベルからリリースした「Highlife EP」でまたたく間にその存在を世界に知らしめたキーボーディスト、Byron The Aquarius。
2007年に自身の楽曲制作を始める以前はキーボーディストとして様々なジャンルのミュージシャンと活動してキャリアを持つトップ・キーボーディストでもあるByron The Aquarius。アーティストとしてのキャリアのスタートは日本でも人気のあるフランスのプロデューサー、Onraとの2007年のコラボレーション作「The Big Payback」であった。
2015年頃Theo Parrishの手に渡り、Byronのジャズの影響を受けたハウス作品を非常に気に入ったTheoがSound Sigunatureからリリースしたのが「Highlife EP」だった。非常に高い評価を得たこの作品はまたたく間に世界中のレコードショップのトップチャートに入り、翌年にKyle HallのWild Oatsからリリースした「Gone Today Here TMRW」もスマッシュヒットを記録し、Byron The Aquariusの名前は世界のエレクトロニック・ミュージシャンのシーンにおいても要注目の存在。Apron Records、Eglo、Mutual Intentions、Wild Oatsなどのレーベルから作品をリリース。

Design: die (Jazzy Sport)
Label: Jazzy Sport (JSPMIX-1005)
――――――――――――――――――

【For Overseas Customers】
We accept order only by e-mail.
Please e-mail to jazzysportkyoto@gmail.com
We will send you the payment link. Thank you in advance.

¥ 1,870

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • レターパックライト

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 370

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥ 15,000 will be free.

Report

RELATED ITEMS